カテゴリー: プログラミング

フロントエンド開発のスタート時にやること ( npmコマンド )

よく忘れるのでメモ
npm管理するルートディレクトリを決め、
そこで以下のコマンドを実行し

プロジェクト初期化 ( package.jsonが作成される)

nameとか色々入力を求められるがpackage.jsonに出力される内容なので
あとでいい!ってことで省略

必要なパッケージをインストールしていく

–saveオプションを付けることでpackage.jsonのdependenciesにインストールした内容が追加される。
このpackage.jsonを他環境に持っていって、以下のコマンドを打てば、
package.jsonの内容を読み取って、インストールをしてくれる。

インストールしたものはプロジェクトフォルダ内にnode_moduleというフォルダができ、
そこに展開されている。

開発環境でしか使用しないようなパッケージは以下でインストールする(package.jsonのdevDependenciesに追加)

インストール済みのパッケージ一覧を表示

パッケージを削除する

Spring-socialのtwitterでResourceAccessException

spring-socialのtwitterと連携しようと
/connect/twitterにアクセスしたら
エラーが出てハマったのでメモ

ちなみにapplication.ymlのspring.social.twitterのapp-idとapp-secret指定しただけの状態。

エラー内容

org.springframework.web.client.ResourceAccessException: I/O error on POST request for “https://api.twitter.com/oauth/request_token”: cannot retry due to server authentication, in streaming mode; nested exception is java.net.HttpRetryException: cannot retry due to server authentication, in streaming mode

原因

Stackoverflowに書いてありました。

twitterのディベロッパーサイトでアプリを登録する際にcallbackUrlを指定しないと
このエラーが出るらしい。

アプリ設定画面で”http://localhost:8080″と指定すると
エラーが解消されました。

githubの新規リポジトリ作成~開発開始までの流れ

何回もやる作業じゃないので
いつも手順が頭から抜ける。。。。のでメモ

githubでリポジトリを作成する。

github上の作業なので省略

ローカルリポジトリ作成

git管理したいディレクトリでコマンドプロンプト開いて

コミットするファイルをgitに登録

ローカルリポジトリにコミット

※-mでコミットコメントを指定してます。

gitの設定(省略可)

ユーザ名とemailの設定 コミットログに残るので。気にする人は設定しましょう。
どのリポジトリにもこの設定でいいよ!っていう人は「–global」を付けましょう

githubにpush

リモートリポジトリと紐付け

push!!

はい、これで完了

 

エラーが出る場合

pushでエラーが出る場合、リモートリポジトリと同期が取れてない可能性があるので
以下を実施

リモートの変更を取ってくる

リモートとローカルのコミット履歴情報を統合する

Eclipse起動エラー

STS(spring Tool Suite)落としてさーJavaの開発するぞ―!と起動しようとしたら
思わぬ起動エラーだったのでメモ

「Java was started but returned exit code=13」

sts-error

調べてみると、自分の環境のJavaを8にした時に64bit版じゃないのが入っていたようで、
64bit版を落として再度インストール→Pathを通して起動で解決!

Paiza選手権 part3

Part1はこちら
Part2はこちら

いよいよラストの問題。
レナのほうを選びました。もう一人の方は確認しませんでしたが問題違うのかな?
ちなみに問題はこれで最後です。

■問題
レナとシリコンバレーに来たと思ったら、会社のメインシステムで障害が発生!? しかもこのシステムを作った人達はもう会社に一人も居ないとの事。この危機を乗り切って俺の実力を全社に見せてやる!!
障害を起こしているのは表を計算するアプリケーションです。表は横 x マス、縦 y マスで構成されており、各マスには数字が入っています。 あなたは範囲選択されたマスを合計するプログラムを書かなくてはいけません。
選択範囲は左上のマスと右上のマスが指定され、そのマスを含んだ矩形の内側の範囲を複数の箇所を選択することが出来ます。矩形が重なるような選択範囲が指定された場合、選択部分は結合され多角形になります。

paiza3_q

選択範囲に含まれるマスの全てを合計した数字を出力するプログラムを作成してください。

 

最後にしてようやく手応えありそうなのが出てきたな!

■提出コード

■採点結果

paiza3

毎度毎度面白い企画だな~と思いながら参加してます。
次回も開催されたらやってみよう。

Paiza選手権 part2

Part1はこちら

期間が空いてしまいましたが、
Part2いってみます

■問題
レナたんのパパが経営する会社の入社試験を受ける事になってしまった達也。
上手くいけば新しい仕事に就けるし、レナたんとの関係も進行しちゃう!?
貴方はある売上を集計するソフトウェアの開発をしています。
月曜日から始まる n 日分の売上データ s 円が改行区切りで入力されます。nは必ず7の倍数です。

月曜日から日曜日までの各曜日の合計を改行区切りで出力して下さい。

 

■提出したコードはこちら

■結果はこちら
paiza2

Paiza選手権 Part1

9770054403_1ce7b08fab_z

Paizaの恒例プログラマ腕試し
やってみました。

会を重ねる毎に萌え方面に
尖ってきていますが、
別に普通にやればいいんじゃないかと
思うのは私だけですかね。

 

マンガ版「俺の許嫁と幼なじみが修羅場すぎる」|paizaオンラインハッカソン5

https://paiza.jp/poh/enshura

 

今回は3問仕立てなので、まずは1問目

ま、要は奇数字の文字を出力すればいいってことですね。
書いたコードはこちら

 

■採点結果
paiza01

Part2に続く

日付書式のTとZ

9769800351_808bdd20c6_z
サイボウズLiveのAPI叩いて、
取得できた日付データを見て
ふと気づいた。

「あれ?これ実際の時間とちがくね?」

ちなみに更新日時だったんだけど、
実際に更新した時間と何時間も違う。

バグか!?

よくみると表記法なんか見たことない。↓こんなの
2010-10-29T02:39:46Z

日付にT、時間にZってなんだろうと調べてみた結果。

ISO8601のwikiに答えがあった。

上の表記については日付と時刻の組み合わせってところに書いてあって、
後ろにZ付くと世界協定時(UTC)、つまりグリニッジ標準時だそうな。

なるほど、グリニッジ標準時と日本の標準時は9時間の時差があるから、
その分ずれてるのか。

というわけで、日本時間にするには9時間プラスしてあげればOK
以下、PHPでの例

PHPでXMLの名前空間の値、属性の値を取得する。

14744032330_48546bfc1c_zサイボウズLiveのAPI使った
PHPのプログラム作成中に
ハマったのでメモ

 

いいねAPIで取得した結果をsimplexml_load_fileで取得したら

いいねをした人の情報がなかった。
↓こんなの。valueStringとidの値が取得したい。

XMLで見るとちゃんと送られてきているので、
どうやらsimplexml_load_fileが解析できていない。

どうやって取得するのか調べたところ
名前空間というものらしく、取得方法が別にちゃんとあるようで
SimpleXMLElementのchildrenを使うみたい

タグ情報までは取得できたが、ここからさらにvalueStringといった属性の値を取得する必要がある。
属性の取得はSimpleXMLElementのattributesを使う。

↓で取得できた。