月別: 2017年2月

Spring-socialのtwitterでResourceAccessException

spring-socialのtwitterと連携しようと
/connect/twitterにアクセスしたら
エラーが出てハマったのでメモ

ちなみにapplication.ymlのspring.social.twitterのapp-idとapp-secret指定しただけの状態。

エラー内容

org.springframework.web.client.ResourceAccessException: I/O error on POST request for “https://api.twitter.com/oauth/request_token”: cannot retry due to server authentication, in streaming mode; nested exception is java.net.HttpRetryException: cannot retry due to server authentication, in streaming mode

原因

Stackoverflowに書いてありました。

twitterのディベロッパーサイトでアプリを登録する際にcallbackUrlを指定しないと
このエラーが出るらしい。

アプリ設定画面で”http://localhost:8080″と指定すると
エラーが解消されました。

githubの新規リポジトリ作成~開発開始までの流れ

何回もやる作業じゃないので
いつも手順が頭から抜ける。。。。のでメモ

githubでリポジトリを作成する。

github上の作業なので省略

ローカルリポジトリ作成

git管理したいディレクトリでコマンドプロンプト開いて

コミットするファイルをgitに登録

ローカルリポジトリにコミット

※-mでコミットコメントを指定してます。

gitの設定(省略可)

ユーザ名とemailの設定 コミットログに残るので。気にする人は設定しましょう。
どのリポジトリにもこの設定でいいよ!っていう人は「–global」を付けましょう

githubにpush

リモートリポジトリと紐付け

push!!

はい、これで完了

 

エラーが出る場合

pushでエラーが出る場合、リモートリポジトリと同期が取れてない可能性があるので
以下を実施

リモートの変更を取ってくる

リモートとローカルのコミット履歴情報を統合する

Eclipse起動エラー

STS(spring Tool Suite)落としてさーJavaの開発するぞ―!と起動しようとしたら
思わぬ起動エラーだったのでメモ

「Java was started but returned exit code=13」

sts-error

調べてみると、自分の環境のJavaを8にした時に64bit版じゃないのが入っていたようで、
64bit版を落として再度インストール→Pathを通して起動で解決!