Kubernetes Workloadsリソース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pod

リソースの最小単位。Podには1つ以上のコンテナが含まれている。 pod内は同一ネットワークであり、Pod単位でIPアドレスが割り振られる。 Pod内に2つ以上のコンテナがあっても同じIPアドレスとなるためお互いにlocalhostでアクセスができる

ReplicaSet

Podのレプリカを作成し、指定した数のPodを維持し続けるリソース

Deployment

複数のReplicaSetを管理する

DeamonSet

全Nodeに1podずつのみ配置できるリソース 。 ReplicaSetのようにレプリカ数は指定できない。 ユースケースは、各podが出すログを収集するFluentdやノードのモニタリングなどのスケールアウトの必要のないもの

StatefulSet

ReplicaSetではpod名にランダムなハッシュが付与されて生成されるが、再作成される度に名前が変わってしまうため、データベースなどのstatefulなノードに対応するのが難しい。 そういう場合はこちらを使う。 こちらは生成されるPod名にはランダムハッシュではなく、数字のindexが振られるため、pod名が変わらない。 またPersistentVolumeを使用している場合は同じディスクを利用して再作成される。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*